banner

財布の手入れ

財布を長持ちさせるためには、使い始めたときからの手入れが肝心です。
特に革財布ですと、日頃からこまめな手入れを怠らないようにすると、きれいなままで使い続けることができます。

革財布の基本的な手入れは、やわらかい布でやさしく傷つけないように、乾拭きをこまめにすることです。
毎日使っていると自然に手垢がついたり、いろいろなところへと持ち歩くため雨に濡れることがあったり湿気を吸ってしまったり、汚れがついてしまうことは避けることができません。
汚れたときにはすぐに拭き取るようにすることと、できれば毎日家に帰ったときに埃を払い、軽く汚れを拭き取ると良いでしょう。
雨などで濡れてしまった場合には、乾いた布で水分を拭き取って陰干しにします。
布だけでは取れない汚れがついてしまった場合には、革専用のクリーナーで拭き取り、専用のクリームを塗っておくと、水分も油分も適度に保つことができます。

収納ポケットがたくさんあるからといってカード類をたくさん入れすぎてしまうと、革が延びて形が崩れてしまうため、必要以上のものは詰め込まない方が良いでしょう。
レシートなどは溜め込まないようにして、できればその日のうちに取り出して、翌日は財布をすっきりとさせて出かけたいものです。

Copyright(c) 財布を多角的に研究します. All Rights Reserved.