banner

ファッションアイテムとしての要素

財布は単にお金を入れて持ち歩くものというだけでなく、ファッションアイテムとしても重要な存在となるものです。
ひとつの財布だけを使っているという人も多いかもしれませんが、その時々のファッションに合わせていろいろな色や形、デザインのものを使い分けてみるとおしゃれです。

普段着のときにはカジュアルなデザインのものを持っていても、パーティなどのフォーマルなシーンでは財布も合わせてフォーマルな雰囲気のものにします。
海や山に出かけるときには濡れても大丈夫な素材のものを選びつつ、アウトドア風におしゃれなものを選べば楽しくなります。
季節によって夏は涼しげな色や素材のものを選び、冬はファーなどを使った温かそうなものを選んでも良いでしょう。
また、特定のブランドにこだわって財布だけでなくバッグやパスケース、キーケースなどといった小物とそろえてみてもおしゃれです。

財布をファッションアイテムとして考えた場合には、中身もきれいにしてお札は向きと端をそろえ、レシートなどの余計なものを溜めてふくらませず、おしゃれに使いたいものです。
高価なブランド製品を持っていても、使い方がスマートでなければせっかくのものが台無しになってしまいます。

Copyright(c) 財布を多角的に研究します. All Rights Reserved.